これって詐欺?雨樋交換や外壁塗装工事に火災保険を薦めてくる・・費用0円って本当?

2020.8.28

先日お客様のお家に「雨樋交換無料・火災保険加入者対象」のチラシが届いたというご相談を頂きました。

実は同様の案件で、火災保険で外壁工事を勧めてくる業者もいます。

今回は雨樋の交換や外壁塗装に、本当に火災保険が使えるのかを解説します。

火災保険を使うことを薦めてくる外壁塗装業者は詐欺?

「火事が起きたわけではないのに火災保険で雨樋の交換や外壁塗装工事をお願いできるなんてあり得ない!」そう思われている方もいらっしゃるかと思います。

火災保険は火災時だけでなく台風や落雷などの自然災害時にも適用できるほか、雨漏りなどの修理工事でも適用可能です。(補償の範囲は契約の内容によって異なりますので、詳しくはご契約されている火災保険をご確認ください)

よって、火災保険を使って雨樋の交換や外壁塗装工事を行うのは詐欺ではありませんのでご安心ください。

※地震による被害は火災保険では補償されません。また、地震による火災(延焼含む)、地震などを原因とする損壊、埋没、流失は火災保険では補償されませんので地震保険とセットで加入しておくと安心です。

ただし、それはあくまで自然災害による損耗と認められることが必要となります。

経年劣化や施工不良、被害から3年以内であること、実際の工事金額が保険の免責金額(一般的には20万円)を下回っている場合などは、火災保険は適用されません。

よくある手口なのは、経年劣化による損耗を直近の台風のせいにし、保険会社に虚偽の報告をし保険金を騙し取るという手口です。

工事費用はご依頼主様の保険で賄えるため実質的負担はかかりませんが、保険会社に発覚した場合、ご依頼主様も詐欺の共犯となり告発される恐れもあります。

「無料」「0円」を謳った雨樋の交換や外壁工事はトラブルが頻発しており、国民生活センターや日本損害保険協会でも注意を呼び掛けています。

さらにこのような詐欺を持ち掛ける業者は、まともな修繕工事はしてくれないと思っておいた方が無難です。

工事金額が保険の免責金額を下回っている場合保険が適用されませんので、保険申請時には完璧で高額な見積金額を作成するのですが、安く仕上げれば仕上げた分だけ業者側の利益になりますので手抜き工事をされてしまう恐れがあるためです。

依頼主様の無料でやってもらっているという負い目を利用した卑劣で悪質な行為です。

しかし、依頼主様は保険料を支払っていますので、真っ当な工事であれば負い目を追う必要は全くありません。

また、中には被害状況を確認すると言ってわざと壊して修理の必要を訴える業者や、工事費用はかからないと強調していたのに保険会社から下りた保険金が少なかった場合、違約金や工事費用を請求されたという話もあります。

あるお客様は、雨樋の無料交換を打診され費用の見積もりを出してもらったのですが、不信感が募りお断りの連絡をしたところ、保険屋を教えろ、ボーナスがなくなる等、1時間近くごねられてしまったそうです。

火災保険を使った外壁塗装詐欺に遭わないために

0円、無料と謳っている雨樋修理や外壁塗装工事は、保険金の受取りを前提とした工事となります。

つまり、ご依頼主様が契約している火災保険の保険金を工事代金に充てるというだけの、ただの有料の工事なのです。

加入されている保険の契約内容によっては補償される内容が異なりますので無料になるとは限りませんし、そもそも保険金が下りることも確定していない中、保険金が下りる前提で話が進められるというのにも無理があります。

自己負担0円というととても魅力的に感じてしまうかもしれませんが、依頼する業者選びは慎重に行ってください。

お住まいの建物で出ている症状が火災保険の適用なのかお調べになりたい方はお電話またはメールフォーム、LINEにてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はいつでも無料です。