事務所ビルの外壁塗装工事をチェック

2018.7.7

こんにちは横山です。

仕事柄、車での移動が多くあります。

特に県外の現場に行くときは
朝から夕方まで車に乗っていることもあります。

一見ムダな時間のように思えますが
逆にやることが限られるので仕事の予定を立てたり
これからやることの整理に頭を使ったりしています。

むしろ移動中の方が良い考えが浮かんだりしますよね。
移動時間も私にとっては良い気分転換の場になっています。

でもあまり長時間の運転だとエコノミー症候群が心配になります(^^;)

 

事務所ビルでの外壁塗装工事

 

仙台市青葉区で行っている事務所ビルの外壁塗装工事を確認してきました。

ひび割れ修理や、欠損修理が終わったのでそのチェックです。

 

欠損修理、シーリング工事完了

 

 

欠損部分もしっかり修理されています。
表面も平滑に仕上がっているのでこれなら塗装しても修理跡が目立ちませんね。

シーリングの打ち替えも終わりました。
ヒゲやバリが出ていないかチェックします。
シーリングと言えど塗装の出来映えに影響することがあるのでしっかりチェック。

 

水の染み出しを再修理

 

気になったのが一点だけ。
モルタル浮き注入を行った部分です。

ひび割れからじわりと水が滲み出ていました。
昨日、雨が降ったせいかとバーナーで乾かしてみてもやはり滲んできます。

塗装作業に入ってからの水の染み出しは
外壁塗装の出来映えに関わってきますので先に処置が必要です。

モルタル表面のひび割れに沿って水が染み込んだのかもしれませんね。

ひび割れをほじくってエポキシ樹脂をすり込むようにします。

 

天候を考慮しながら早期終了を目指す

 

今日でひび割れ注入、モルタル浮き注入、欠損修理、シーリング工事は完了です。

来週から外壁塗装工事がメインとなります。

お天気の影響が心配ですが早く、キレイに工事を進めたいと思います。