COLUMN 建物トラブル解決コラム

外壁塗装はDIYできる?失敗して後悔したくない人必見

2023.7.25

「ローラーを使ってコロコロと塗るだけだから簡単そう。」

外壁塗装をDIY(自分で行う)でとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から先にお伝えすると、外壁塗装のDIYはおすすめできません

なぜなら、外壁塗装は建物の外部を保護するために重要な役割を担っており、正しく行わないと建物をかえって劣化させてしまったり、損傷の原因になる可能性もあるためです。

外壁塗装をDIYしないほうが良い理由とは?

外壁塗装は専門的な作業であり、塗装の手順、塗料の選び方、適切な塗装技術などの知識や経験が必要です。

塗装には適切な道具や資材が必要となるほか、建物の材質や状態に合った塗料を選び、塗料の特性を理解することが重要です。

そして何より、塗装の品質には高い基準が求められます。

均一に塗布し、剥がれやひび割れを防止するために適切な手法を使う必要があります。

ただ上塗りしただけでは、塗った直後は綺麗に見えるかもしれませんがすぐに劣化してしまいます。

下地の不備を解消せずに上塗りを行うと、塗膜がうまく密着せず、劣化が早まる可能性があるほか、塗膜の厚さや適切な下塗りがない場合、塗膜が弱くなり、外部の環境条件(太陽光、雨、風など)による影響を受けやすくなってしまいます。

外壁塗装を効果的に行うには、外壁の汚れや古い塗膜を適切に処理し、下地を整え、上塗りの密着性や耐久性を高めるための下塗り作業が非常に重要になります。

そのほかにも怪我のリスクも考えなければいけません。

DIYで外壁塗装を行うとなると、脚立などの使用をご検討されている方もいるかもしれませんが、落下して怪我をしてしまう危険性もあります。

せっかくDIYで外壁塗装をしたとしても、怪我をしてしまったり、すぐに劣化してしまっては意味がありません。

外壁塗装をスプレー缶でDIYできる?

ホームセンターには各種様々なスプレー缶が販売されていますので、スプレー缶を使用して外壁塗装をDIYできないかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらも先に結論をお伝えしてしまうと、一部の小規模な修繕やデザインアクセントの塗装には使用できるかもしれませんが、一般的な外壁塗装にはスプレー缶を使用したDIYはおすすめできません

外壁塗装は広範囲の面積を塗装する作業であり、大量の塗料が必要となりますので、スプレー缶では塗料の供給が十分にできない可能性があります。

そしてスプレー塗布は特定の範囲に集中しやすく、外壁の大面積をムラなく均一に塗装するのは難しいでしょう。

外壁塗装はDIYできる? まとめ

外壁塗装をDIYで行うことは不可能ではありません。

しかし、質や安全性、コストや効率などを考慮すると、DIYするよりも専門の業者に依頼する方が良いと言えます。

素人がDIYで外壁塗装を行う場合、専門知識に不足があるため、塗装の品質や耐久性に影響が出る可能性は否めません。

また、塗り残しやムラなど、綺麗な仕上がりとは程遠い結果になってしまうことが大半で、「DIYで外壁塗装してみたけど、どんどん酷い状況になってしまい結局プロにお願いした…」というケースも少なくなく、DIYで外壁塗装をしたことでかえって修繕箇所が増えてしまったケースもあります。

最初からプロに任せれば良かった…となる前に、一度見積りを依頼し、どのくらいの費用がかかるのか、どのような作業をしてもらえるのかを見てみる事をおすすめします。

複数の業者から見積もりをもらうことで、おおよその費用相場などを把握することもできますよ。

弊社では他社さんの見積りも専門家の目線からチェックを行っております。

工事会社さんが決まっている場合でも結構です。

項目の抜け落ちや矛盾する点、気になる点がある場合、お気兼ねなくご相談ください。

いま、お困りのあなた

どちらの地域にお住まいですか?

いまお困りではございませんか?

雨漏り、壁ひび、外壁塗装の
LINE相談をご利用ください

ヤブ原産業