COLUMN 建物トラブル解決コラム

見積もりしてもらったら断りにくい?外壁塗装は相見積もりした方が良いって本当?

2023.6.9

外壁塗装をご検討されている方は、「相見積もり」を行うことをおすすめします。

相見積もりとは、同じ工事やサービスを提供する業者から、それぞれ独立して見積もりを取ることを指します。

具体的には、外壁塗装やリフォームなどの工事を依頼する場合、複数の業者にそれぞれ見積もりを依頼し、料金やサービス内容、施工期間などを比較することです。

外壁塗装で相見積もりを行うメリット

料金の比較

複数の業者からの見積もりを比較することで、料金の相場を把握できます。

業者によって料金設定が異なる場合や割引制度がある場合もありますので、最も適切な価格を見極めることができます。

その際、あまりに安い金額で見積もりを提示してくる業者には注意が必要です。

安い金額で見積もりを提示してくる業者は、コスト削減のために安価な材料や施工方法を使用する可能性があり、施工後の耐久性や塗装の仕上がりに問題が生じることがあるためです。

また、最初の見積もり額は安価だったとしても、見積もりには含まれていなかった追加工事を要求され、結果として最初の見積もり額よりも総費用が上がることがあります。

安い金額で見積もりを提示してくる業者に対しては、その根拠や具体的な工事内容について質問することをおすすめします。

サービス内容の比較

相見積もりを取ることで、提供されるサービス内容や使用する塗料の種類、保証内容などを比較することができます。

これにより、最も満足できるサービスを提供してくれる業者を選ぶことができます。

また、一部の業者の中には足場代無料を謳っている業者もありますが、足場代というのは一般的な戸建て住宅で20~30万程度が相場となりますので、この金額がすべて業者負担になるというのは考えられません。

そのため、見積もりには足場代が記載されていなくても、他の箇所で水増し請求されている可能性が高いです。

相見積もりを行うことで、足場代無料を謳っているのに他の業者とさほど料金が変わらないというのが明らかになるでしょう。

ただし悪質業者の中には足場代無料を謳った上で料金を安く提示し、料金の比較の項目で紹介した「工事中に見積もりには含まれていなかった追加工事を要求してくる業者」も存在します。

そのため、足場代無料を謳っている業者には警戒して対応されることをおすすめします。

施工期間の比較

外壁塗装は一定の期間、工事が行われるため、施工期間も重要な要素です。

相見積もりを取ることで、各業者の施工期間を比較し、自分のスケジュールに合わせた業者を選ぶことができます。

品質や信頼性の比較

複数の業者から見積もりを取ることで、それぞれの業者の信頼性や実績、評判を確認することができます。

信頼できる業者を選ぶことで、工事の品質やアフターサービスの面でも安心感を得ることができます。

業者が運営しているウェブサイトから施工実績を確認するのもおすすめです。

地域密着の業者の中にはウェブサイトを持っていないこともありますので、ウェブサイトがないからといって悪質業者ということではないのですが、業者名で検索して1件もヒットしないという場合は、ころころ名前を変更している可能性がありますので注意が必要です。

相見積もりしてもらった外壁塗装業者への断り方

「見積もりまでしてもらったら、断りにくい…」と相見積もりを躊躇ってしまう方もいるかもしれませんが、業者も断られることに慣れていますので基本的に気にすることはありません。

時間と労力を割いて見積もりを作成してくれたことに敬意を払い、相手の立場に立った丁寧な対応を心がけ、できるだけ早めに連絡を行うことが重要です。

断り方は電話でもメールでもどちらでも構いません。

いつまでも曖昧な態度でいたり、断りづらいからといって連絡をしないということはNGです。

断る際に理由は特に必要ではありませんが、「予算が合わなかった」「他の業者にした」「今回は見送る」などで大丈夫です。

外壁塗装は相見積もりした方が良いって本当? まとめ

相見積もりを取る際には、複数の信頼できる業者から見積もりを依頼することをおすすめします。

業者の評判や実績、保証内容なども考慮しながら、総合的に判断することが重要です。

いま、お困りのあなた

どちらの地域にお住まいですか?

いまお困りではございませんか?

雨漏り、壁ひび、外壁塗装の
LINE相談をご利用ください

ヤブ原産業