アスファルト防水とは?メリットとデメリットを徹底解説

2020年10月4日


建物の防水工事にはいくつかの種類がありますが、どのような種類があるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

防水工事の種類は、大きく「塗膜防水」「シート防水」「アスファルト防水」などがあります。

これらのなかでも「アスファルト防水」は古くから使われてきた多くの実績があり、性能の高さや施工ノウハウの蓄積など、その信頼性は疑う余地がありません。

実際にマンションやビルの屋上など多くの建物に採用されており、また耐久性も高く長期に渡って建物を守ることができます。

今回は、「アスファルト防水」とはどのようなものなのか、そしてメリットとデメリットについても詳しく解説したいと思います。

アスファルト防水とは?

アスファルト防水とは、液体状の溶融アスファルトとアスファルトルーフィングを複数張り重ねて形成する防水層のことをいいます。

仕上げ方法には、アスファルト防水層をそのまま露出させる方法と、防水層の上にさらにコンクリートを打設することで保護機能を高める方法があります。

その性能の高さから、ビルやマンションの屋上で非常に多く採用されている最もポピュラーともいえる防水です。

旧約聖書にある「ノアの箱舟」の防水材として使用されていたとの記述からも、非常に古くから使われていたことがわかります。

また、アスファルト防水の工法には大きく3つの種類があります。

  • 熱工法
  • 冷工法
  • トーチ工法

 

熱工法

まず熱工法は溶融釜などの設備の設置が必要です。

そして液体状の溶融アスファルトを下地面に流しながらアスファルトルーフィングを貼り付け、繰り返し張り重ねて積層とする工法になります。

非常に強力な接着性から優れた防水性を発揮しますが、一方でアスファルトを高温で溶かすときに強い臭いや煙が生じる点では注意が必要です。

冷工法

冷工法は、熱工法と違って常温でも施工できることが大きな特徴で「常温粘着工法」とも呼ばれています。

裏面に強力な粘着性を持つ「改質アスファルトシート」を使い、複数張り重ねることで防水層を形成します。

冷工法は、熱工法のように溶融アスファルトで接着するなどの手間がかからないうえ、強い臭いを発することもありません。

ただし熱工法のような強力な接着性は期待できないため、場合によっては防水効果の低下を招くケースもあります。

トーチ工法

トーチ工法は、冷工法とは違う「改質アスファルトシート」を使用し、裏面をトーチバーナーであぶって溶かしながら複数張り重ねることで防水層を形成します。

熱工法で使用する溶融釜のような設備を必要とせず接着性を高められるうえ、臭いや煙も軽減できます。

しかし、あぶり不足などの施工不良があると不具合を起こす可能性が高まるなど、施工会社の技術レベルに左右されやすい点では注意が必要です。

アスファルト防水のメリットとは

まずはアスファルト防水のメリットについてご紹介いたします。

アスファルト防水のおもなメリットは以下の通りです。

耐久性が高い

アスファルト防水は、塗膜防水やシート防水などと比較して耐久性が優れます。

期待できる耐用年数は、塗膜防水で10年程度、シート防水で10~15年程度、そしてアスファルト防水は15~20年程度になります。

屋上は、太陽光や風雨などさまざまな外的な刺激を受け続けていることからも、耐久性の高さは求められる性能として優先度は高いといえるでしょう。

防水性が高い

アスファルト防水は、アスファルトの特徴でもある接着性から強力に密着して水密性を高められます。

また工法によっても性能は変わりますが、漏水を効果的に防止するという点において非常に有利な防水工事になります。

安定した防水層が形成できる

アスファルトルーフィングは工場生産品であることから、一定の厚さを確保しながら安定した防水層が形成できます。

また歴史が古いということもあって性能の高さは実証されており、さらにノウハウの蓄積が十分にあることなども信頼性の高さにつながっています。

アスファルト防水のデメリットとは

続いてアスファルト防水のデメリットについてご紹介いたします。

アスファルト防水のおもなデメリットは以下の通りです。

工法によっては臭いや火事のリスクがある

熱工法は、現場でアスファルトを溶融しながら施工する必要があるため、強いにおいを発したり、また周辺の環境によっては火が燃え移ったりするリスクがあります。

施工前には周辺環境への十分な配慮が必要です。

工法によっては施工者の技術に品質が左右される

熱工法によるアスファルトの温度管理や、トーチ工法による改質アスファルトシートのあぶり不足など、施工者の技術が完成品質に大きな影響を与えることがあります。

アスファルト防水は、高い施工精度がともなうことで十分なパフォーマンスが発揮できるといえます。

アスファルト防水のまとめ

アスファルト防水は、古い歴史があり、また非常に優れた防水工事になります。

ただし工事内容によっては、完成品質が施工技術に左右される部分もあることから、正しい施工を確実に行える施工業者を選ぶことがポイントのひとつになるでしょう。

仙台市および近隣の防水工事に関することは、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ヤブ原産業株式会社仙台支店 支店長 横山浩(よこやまひろし)

外壁塗装アドバイザー。外壁塗装プロデュース業25年。手掛けた物件は、のべ1,300件以上。

1968年岩手県生まれ。農林水産省林野庁森林管理局勤務を経て、1993年ヤブ原産業入社。外壁塗装の専門家。

得意とする仕事は、良質な外壁塗装を通じた投資物件価値の維持。外壁塗装サイクルの改善、提案。外壁リフォームの総合プロデュースなど多岐に渡る。

お問い合わせ

ご相談、お見積のご依頼は
お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お見積り:0120660744

【営業時間】9:00~17:30
【定休日】土・日・祝日

お見積り:0120660744 LINE相談

ページの先頭へ

  • ヤブ原産業株式会社 仙台支店
  • 〒982-0031 宮城県仙台市太白区泉崎2-21-14
  • TEL:0120-660-7440120-660-744