天窓から雨漏りする原因とは?対処法を教えます!

2022.2.2

天窓はお部屋の中心に設けられるので雨漏りがおきたらすごく困りますよね。

今回はなぜ天窓から雨漏りするのか?

その原因と対処方法について解説します!

天窓から雨漏りする原因

雨漏りの原因となる点は3つあります。

1 シーリング、コーキングの劣化

天窓は構造上、屋根に飛び出る形状となります。

そのため屋根と天窓の接合部分には隙間が出来る事になります。

この隙間は雨が入らないようシーリング、コーキングで穴埋めしています。

しかし年数の経過とともにシーリング、コーキングは劣化し防水の機能がなくなってしまうのです。

シリコン、コーキングというものは、充填したては弾力があるのですが、経年によってシリコン、コーキング剤に含まれている可塑剤が気化することによって弾性が失われ、硬化し、亀裂やひび割れを起こしたり、剥がれや剥離、肉痩せといった現象を招きます。

その穴の開いた隙間から、雨がどんどん入り込むようになり雨漏りの原因となってしまいます。

少々の雨では雨漏りしなくても、大雨や台風の時にだけ雨漏りするというケースはこれが原因というケースが多くあります。

ちなみに、シリコンとコーキング、違うものなの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

あらかじめ形が決まっているものをシーリング、チューブ容器に入っていてコーキングガンで施工するものをコーキングと呼ぶことが多いようですが、建築現場では所属する現場によって呼び方がかわりますので、どちらも同じものと思っていただいて大丈夫です。

シリコンとコーキング以外にもシールやシーリングとも呼ばれています。

2 建築当初の設計ミス

屋根は雨の流れがスムーズになるように勾配がついています。

しかし天窓はその流れを遮るように取り付けられます。

雨の流れを阻害しないようにきちんと設計されていれば良いのですが、建物によってはその設計が正しくなく、雨の流れを阻害してしまう状態で設置しているケースがあります。

家を建ててから数年は問題ないかもしてませんが、年数の経過とともに各部材の隙間が大きく開いてくるなど雨が入り込みやすい状態となります。

そのため今まで問題がなかったのに、塗り替え工事をしたら雨漏りがひどくなった、地震が起きたら雨漏りしてきたという問題が聞かれます。

これは工事による設計ミスで隙間が引き起こした問題かと考えられます。

また、施工不良による雨漏りは、職人の技術不足や手抜き工事が原因です。

建築業界では元請けが下請けや孫請けに発注することが一般的なのですが、責任感の低さや工事費の安さに加え、職人の人材不足なども影響して手抜き工事が起きていると考えられます。

また、工期に間に合わせるため雨風の日でも無理やり工事を行ったり、プライマーやシリコン、コーキングをケチることでも劣化を速める原因となります。

3 ルーフィングの釘穴

屋根の下にはルーフィングと言われる防水シートが貼られています。

屋根の種類にもよりますが屋根材の固定は釘打ちで下地のボードに取り付けられます。

その際、釘はルーフィングを貫通してしまうため雨が入り込むすき間ができます。

屋根材が健全な状態では、雨が屋根裏側に回り込むことはないのですが、ちょっとした原因によって雨が入り込みやすくなるケースがあります。

それが屋根塗装です。

屋根塗装すると一般的には屋根が丈夫になるから良いだろうと思いがちですが実はそうではありません。

屋根塗装をすることで雨水の抜け口がふさがってしまい、逆流し屋根裏に雨が回り込みやすいという問題が起きてしまいます。

本来、屋根構造を理解している工事業者さんであれば、水抜きを埋めないよう作業を行うのですが、知らずにただ塗装してしまう業者さんも少なくはありません。

塗装工事をしたら天窓から雨漏りしてきたという時にはその問題も原因として考えられます。

天窓から雨漏りした場合の対処法

ではそのような問題にはどう対処すれば良いのでしょうか。

それは経験豊富な工事業者さんに見てもらい対処してもらうことです。

仮にご自宅の天窓から雨漏りした場合、

窓だからまずはサッシ業者さん?
いやいや、屋根だから屋根業者さんか?
はたまた、塗装してもらった塗装屋さんかな?

と考えると思いますが、それぞれ専門分野は得意でも雨漏りという観点から全体的に建物を考えることができません。

なので、それぞれの業者さんがあれこれやっても雨漏りが止まらないのも無理がありません。

例えば、ご自宅を建てたハウスメーカーさん、工務店さん、大工さんなど総合的な見方ができる工事業者さんに声かけしましょう。

また雨漏り全体に言えますが、雨漏り修理は一度で止まらないことが多々あります。

根気よく対処してくれる工事業者さんを選ぶのが良いでしょう。

天窓から雨漏りでお困りの方に

弊社では、雨漏りの応急処置を無料にて承っております。

また、しっかり修繕したいという方には、雨漏りの原因調査も行っております。

雨漏り専門の技術者(ビルディングドクター、防水技能士など)が建物の隅々まで調べて原因を調査、修理の対応をいたしますので、雨漏りにお困りの方、まずは弊社までお気軽にご相談ください。

【施工動画】天窓雨漏りスレート瓦屋根の縁切り&スペーサー入れ

雨漏り修理【2階建てアパート屋根トップライトからの雨漏り】

いままでの記事で関連するもの>>>

私がリフォーム業者に不信感を持ったワケ!何度修理しても雨漏りが止まらない!

壁紙や天井のシミは雨漏りのサイン?放っておくと危険って本当?

放置すると怖~い雨漏り!ハウスメーカーでの修理ってどうなの⁉メリット・デメリットを解説