COLUMN 建物トラブル解決コラム

コンクリート内の木片・木材が及ぼす影響と解決策

2024.2.6

最近、あるマンションで室内の雨漏り調査を行った際、天井のコンクリートスラブ内に木材の破片が埋め込まれていることが確認されました。
コンクリート内の木片混入は一見珍しい事例に思えるかもしれませんが、実は過去の建築工事では木材がスペーサーとして故意に使用されることがありました。
今日の建築基準では、そのような方法は推奨されていません。
木片がコンクリート構造の耐久性や強度に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

木材や石をスペーサーとして使用

過去には、鉄筋と型枠との間に適切な距離を保持するため、木材や石がスペーサーとして使われることがありました。
これは特にプラスチック製スペーサーが普及していなかった時代に一般的でした。
しかし、木材は時間とともに腐りやすく、コンクリート内の湿度や化学物質と反応して変形するリスクがあり、これが構造物の安全性に直接影響することがあります。

放置する危険と影響

木片がコンクリート内で腐ると、構造的強度の低下を招き、最悪の場合は建物の安全性が脅かされる可能性があります。
木材は水を吸収しやすく、化学反応を促してコンクリートの劣化を加速させることもあります。
また、時間の経過とともに腐った木材は、コンクリートと鉄筋の間に細かな隙間や空洞を生じさせ、これが雨水の侵入経路となり、内部への浸透を促進します。

このように混入した木材から発生する雨漏りは、内部の快適性だけでなく、建物内の他の構造部分や仕上げ材料にも損害を与える可能性があります。
水分が内部に浸透すると、内壁の塗装の剥がれや壁紙の剥離、さらには金属部材の錆といった様々な二次的な損害が発生する恐れがあります。
雨水の侵入は建物内の湿度を高め、カビや結露の原因となり、居住環境を悪化させます。

木材や木片を発見したら

コンクリート中の木片を発見した場合、まずは専門家による評価が不可欠です。
専門家は、X線や超音波検査などの非破壊検査技術を用いて、構造的な問題があるかどうかを判断します。
もし問題が見つかった場合、適切な補修方法が必要です。
これには、問題部分の除去や、コンクリート構造の補強が含まれる場合があります。

以下に軽微な木材混入時の補修方法をまとめます。

木片の完全除去

最初のステップは、混入した木片をコンクリートから完全に取り除くことです。
この作業は、構造物にさらなる損害を与えないよう、慎重に行う必要があります。
木片が存在した部分は、時間の経過と共に強度が低下している可能性が高いため、特に注意が必要です。

コンクリート強度の評価

木片を取り除いた後、その部分のコンクリート強度が適切かどうかを評価する必要があります。
強度の確認は、木片の大きさや位置に応じて、専門機関による検査を実施することが望ましいです。
この評価により、補修に必要な措置の範囲が決定されます。

補修材料の選定と施工

取り除いた部分は、コンクリート強度と同等以上の強度を持つ材料で補修する必要があります。
補修材料は、メーカーの指定に沿った工法で施工することが重要です。

これにより、補修された部分が元の構造と適切に統合され、耐久性を確保します。

防水処置の実施

木片の混入が水漏れに関連する場合、補修作業には適切な防水処置も含める必要があります。
防水層の修復や新たな防水材の適用は、将来的な水の侵入を防ぎ、建物の長期的な保護に寄与します。

まとめ

この記事では、コンクリート構造内に木材が混入する問題とその影響、さらには発見時の適切な対応策について詳しく掘り下げました。
過去の建築手法に起因するこの問題は、建物の構造的強度や耐久性、さらには内部環境に悪影響を及ぼす可能性があり、特に雨漏りという直接的な問題を引き起こすことがあります。
このような状況に対処するためには、専門家による評価と、問題部分の適切な補修が不可欠です。

ご不明な点や疑問などがありましたら下記までお気軽にお問合せください。

いま、お困りのあなた

どちらの地域にお住まいですか?