COLUMN 建物トラブル解決コラム

マンション屋上アスファルトルーフィングの防水問題と改修ガイド

2024.1.26

はじめに

マンションの屋上防水は、建物の安全性と居住者の快適性を長期にわたって保つために重要です。
特にアスファルトルーフィングは、その優れた耐久性とコストパフォーマンスで、屋上防水の定番として広く採用されています。
しかし、屋根は日々厳しい自然環境にさらされており、炎天下の強い紫外線や、激しい雨風、そして重い雪の重みなどが、防水層の経年劣化を早める原因となっています。

この劣化は、見た目の問題に留まらず、建物の安全性への影響も懸念されます。
水漏れが発生すれば、建物内部の構造へのダメージは避けられず、カビや結露の原因となって居住者の健康にも悪影響を及ぼします。
さらに、適切なメンテナンスや改修工事が行われない場合、防水層のダメージは進行し、全面的な改修が不可欠となることもあります。
これは、時間とコストの両面で、建物所有者にとって大きな負担となるでしょう。

したがって、屋上防水層の定期的なメンテナンスと、必要に応じた改修工事は非常に重要です。
早期の問題発見と迅速な対応は、長期的に建物を守り、経済的な負担を減らすことに繋がります。
本記事では、屋上防水における一般的な問題点に焦点を当て、特にアスファルトルーフィングの経年劣化とその改修方法について詳しく探ります。

アスファルトルーフィングの問題点

新築のマンション屋根に使用されるアスファルトルーフィングは、初期の性能は優れていますが、時間の経過と共に様々な劣化の兆候が見られます。
屋根表面の膨れや亀裂は、防水層の劣化を示しており、これらが放置されると、建物の内部構造に水分が浸透し、木材の腐食や鉄骨の錆、コンクリートの劣化など、深刻な構造問題を引き起こす恐れがあります。

また、改修工事で一般的なアスファルトルーフィングの重ね張りは、屋根に追加の重量をもたらし、建物の耐荷重に影響を及ぼすリスクがあります。
特に、耐荷重の限界に近い建物では、追加された重量が構造的な問題を引き起こす可能性が高まります。
さらに、2層の防水層では、各層間に水分が閉じ込められ、防水層の劣化が加速されることも懸念されます。
このため、改修工法の選択には慎重な検討が必要です。

アスファルトルーフィングの改修方法

アスファルト防水の2層化問題に対する効果的な解決策は、既存の防水層をそのままにして、上から軽量の塩ビシート防水を施すことです。
塩ビシートは柔軟性と耐久性に優れており、屋根の形状に合わせてしっかりとフィットし、長期間にわたって水の浸入を防ぎます。
これにより、追加の重量を最小限に抑えつつ、防水層の寿命を延ばすことが可能になります。

また、防水層の劣化を遅らせるためには、定期的な点検が重要です。
屋上の年1回の点検では、細かな亀裂や膨れ、水の滞留などの初期の兆候を発見し、早期に対処することができます。
さらに、トップコートの塗り替えを5年ごとに行うことで、紫外線や化学的なダメージから防水層を守り、その寿命を延ばすことができます。
これらのメンテナンスを定期的に行うことで、大規模な改修工事が必要になる前に、小さな問題を解決し、コスト効率の良い運用が可能になります。

関連記事

マンションの大規模修繕の必要性と工事内容を解説【長寿命化のポイント】

最後に

私たちの会社は、屋上防水の問題に対して、長年の専門知識と実績を持っており、最新の改修工法を活用して、効果的かつ経済的な解決策を提供しています。
屋上防水の問題は見た目の問題だけでなく、建物全体の安全性や居住者の快適さにも大きく影響します。
私たちはお客様の建物に特有の課題に対して、カスタマイズされた解決策を提案します。

屋上防水に関するご相談や見積もりのご依頼は、いつでもお気軽にどうぞ。
私たちの経験豊かな専門家が親身に対応し、屋上の状態を詳細に診断し、最適な改修方法を提案します。
また、定期的なメンテナンスプランの提供により、将来的な大規模な修繕を未然に防ぐことも可能です。
お客様の大切な資産を守り、安全で快適な居住空間を提供するために、私たちは全力を尽くします。

いま、お困りのあなた

どちらの地域にお住まいですか?

いまお困りではございませんか?

雨漏り、壁ひび、外壁塗装の
LINE相談をご利用ください

ヤブ原産業