アパートの外壁を塗り替えないといけない理由を徹底解説!

2019.11.14

アパートの外壁は塗料を塗り替えるなど定期的なメンテナンスが必要です。

外壁の塗り替えを実施することには、当然ですが理由があります。

それは外壁塗装が担当する役割が建物にとって不可欠なものであるということなのです。

なぜ塗り替える必要があるのか、また塗り替えることで得ることができるメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

今回はアパートの塗り替えをしないといけない理由について、おもに3つの視点から徹底解説してみたいと思います。

?

<アパートの外壁を塗り替えないといけない3つの理由とは>

アパートの外壁を塗り替えないといけない理由は、おもに「建物の保護」「美観の向上」「資産価値の維持」の3つを挙げることができます。

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

?

  • 建物の保護

アパートに限ったことではありませんが、外壁の塗装は常に紫外線や風雨にさらされていることから、時間の経過とともに劣化が進行し続けています。

劣化が進行すると、塗装としての機能は徐々に損なわれ、さらに放置した場合は水分が内部に侵入することを容易に許してしまうことになるでしょう。

構造まで到達し腐食するようなことがあると建物の耐久性は著しく低下し、地震の揺れにも弱くなってしまいます。

また劣化が著しく進行した状態においては、そこから回復させることが非常に難しくなります。

外壁塗装は、日常的にさらされる外的な刺激から建物を守り、老朽化の進行を抑える重要な役割を担っているのです。

?

  • 美観の向上

外壁塗装の劣化が進行すると、塗膜の浮きやはがれなど見た目の印象は悪くなります。

見た目のイメージが悪いと清潔感が損なわれ、入居者や、あるいは住居を探している人にとってもプラスに作用することは難しくなるのではないでしょうか。

外壁を塗り替えると、新築のころの美しさがよみがえり好感度も高まることで、入居率のアップが期待できるといった側面もあるでしょう。

また以前とは全く違う色にすることもできるので、戦略的にガラッと印象を変えることも可能です。

?

  • 資産価値の維持

アパートなどを含むさまざまな建物には国税庁によって「法定耐用年数」が定められています。

「法定耐用年数」はおもに税務上の減価償却資産としての耐用年数で、建物の寿命というわけではありません。

適切なメンテナンスを行うことで、「法定耐用年数」を超えてもアパートとして十分に機能することができます。

また建物の資産価値はおもに年数の経過とともに下がりますが、アパートなどの収益物件は単純に古いという理由だけで下がるということではありません。

立地に左右されるという側面もありますが、やはり収益を生む力のあるアパートは価値が下がりにくくなります。

収益性を高めるには、入居者の住みやすさなど生活の質を維持することが大きな要素のひとつとなります。

そのために必要なのが、建物の劣化を食い止めるメンテナンスやリフォームを定期的に行うことです。

もし劣化の進行によって、雨漏りやカビの発生などがあった場合、入居者の快適性は著しく損なわれ、不満に感じる原因にもなるでしょう。

外壁塗装は建物の劣化を抑制するために大きな効果を発揮することができます。

メンテナンスやリフォームはコストがかかりますが、長期的な視点から見ると安定した収益を確保するためにも優先的に取り組むべき方法だといえるのではないでしょうか。

?

<まとめ>

アパートの外壁を塗り替えないといけない理由について解説してみましたが参考になりましたでしょうか。

外壁塗装は、建物としての機能を維持するため、あるいは生活する人の快適性を維持するために必要不可欠な役割を果たすものなのです。

塗料の耐用年数を目安として、定期的で、かつ計画的な塗り替えをおすすめいたします。