アパートバルコニー修繕工事

2018.12.27

こんにちは横山です。

今日は地方に出張に来ています。
雪の無い仙台とちがって街中雪で真っ白です。

東北育ちの私にとってこの風景は年末らしいですが、車の移動には一苦労。

雪道を走られる方は事故にはお気をつけくださいね。

アパートのベランダ修繕工事完了

アパートのベランダ修繕工事が完了しました。


アパートオーナーさまからバルコニー床がグラグラするようになってきた、とご相談がありました。

現地を確認するとバルコニーを固定している鉄骨に腐食が見られました。

そのため部分的な修繕では危険なためバルコニーごと入れ替えする工事を提案しました。

1.バルコニー撤去

危険なバルコニーを撤去

2.新規バルコニー取り付け

新しいバルコニーを取り付け

腐食していた鉄骨部分は防サビ処理をして保護しました。

3.エアコン復旧

 工事のため取り外していたエアコン室外機を復旧

4.バルコニー修繕完了

強度を高めるため2本の支柱で支える

隣のお部屋とは柱が付くなど見た目は違いますが、支える強度は抜群に上がっています。これで入居者の方にも安心してバルコニーを使っていただけます。

工事を行ってみて驚いたのは鉄骨が腐食が予想以上に進行していたことです。

ちょっと遅ければ落下の危険もあったかもしれません。

早めの修理対応をして良かったと思いました。

今回のように見た目は大丈夫そうで背も実はかなり劣化が進行しているケースが多々あります。

気になったらまずは調査だけでも依頼してみてください。