屋根塗装の下塗りと上塗りは色を変える

2018.11.15

こんにちは横山です。

仕事が忙しくなってきたため仕事時間を30分刻みで行うようにしています。

これが中々効果良く感じます。

人は集中出来る時間が長くても1時間と言います。
しかし1時間の仕事に取りかかろうとすると気が重くなり後回しに。
これが短時間の仕事なら負担にもならず気軽に始められます。

全ての仕事が30分で片付かないのでまずは始めてみる。
そして30分経過したら途中でもそこでストップ。
残った仕事は時間をおいてからやるか明日に回します。

これだと時間の掛かりそうな大きな仕事でも刻んでこなせば意外と大変と思わずに終わります。

継続は力なりと言いますがまさにそれを身をもって感じています。

後回し癖のある方は気軽に始められる短い時間で取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

屋根塗装の確認

今週は県外への出張が多かったため久しぶりに現場の確認を行いました。

ある企業さまのビルの屋根塗装を現在行っています。
ここしばらくお天気が良いので作業もはかどっているので助かっています。

 

下塗りであるサビ止め塗料は塗り終えていて真っ白な屋根になりました。

今日から中塗り(2回塗りの1回目)
ルーフシリコン系塗料を塗り込みます。

 

下塗りと上塗りは色を変える

上塗りカラーは濃いめのグレー色となっているため薄く塗ってしまうと下塗りの白が透けて見えてしまいます。

色透け防止のために下塗りと上塗りの色は変えた方が良いでしょう。
ムラの無い均一な塗膜を確保するためにも有効な手段です。

折板屋根なので平らな屋根と違い塗る作業も細かくて大変です。
かなりの面積もあるので時間は掛かるかもしれませんが透けの無いようにしっかりと塗り込みたいですね。

また周囲には会社の車両も多く停まっています。
塗料が飛散して事故にならないよう、風の強い時は無理に作業を行わないなどの配慮も必要です。

まずは天候の良いうちに屋根を仕上げてしまいたいと思います。

 

編集後記

冬といえばカゼの季節。
カゼといえばインフルエンザですね。

私も毎年インフルエンザの予防接種は受けるようにしています。

自分が引くのもツライですが他人にうつすのも迷惑ですからね。

予防接種は効果が出るまで1~2ヶ月掛かると聞きます。

流行する前に受けてきたいと思います。