屋根防水の修繕作業

2018.11.9

こんにちは横山です。


現在とあるビルの修繕工事を行っています。
工事車両の置き場所として現場の近くの倉庫の駐車場を借りていますがその会社さんの応対が素晴らしい。

会社のお部屋に案内されると事務仕事をしている社員さんが全員で
「いらっしゃいませ!」とその場で立ち上がって大きな声であいさつ。
10人以上はいらっしゃったでしょうか。

そして帰る時も同様に全員で「ありがとうございました!」
こちらは駐車場をお願いして借りている立場なのですがその対応に大変恐縮してしまいました。そして社員さん教育がしっかりしている会社さんだなと感心しました。

決して難しくないお客様との接し方一つでその会社の印象が決まると思うととても勉強になった出来事でした。

雨を有効活用する

今日はあいにくの雨、そのお天気を有効活用するため屋根防水の洗浄作業を行いました。

建物を洗浄する際に問題になるのは水しぶきの周囲への飛散(飛び散り)です。
以前も洗浄する下にお客様の車が止めてあったことに気が回らず水しぶきを掛けてしまったことがあります。

もちろん周囲に車が置いて無いことは確認すると共に水しぶきの飛散による支障が少ない雨の日に洗浄を行うのが工事を進める上でも安全で効率が良い。

少しでも工事を早く進めるためにはそのような工程を組むのも私たちの仕事です。天気が悪いからと言っていつまでも掛かって良いとは言えませんからね。

土や落ち葉が溜まっていた屋上も洗浄作業ですっかりキレイになりました。
お天気が回復したら防水作業をどんどん進めていきたいと思います。

秋の長雨などとも言います。悪い天候の中でも工夫して工事を進めるようにしましょう。

編集後記

最近、気がつけば不要な物を捨てるようにしています。

先日も車のトランクを整理しました。
使わない工具など車のトランクは目に付きにくいので不要な物が溜まりますね。
トランクはだいぶスッキリしたのですが今日の雨。
傘をさそうと思ったら古い傘も捨ててしまったことに気がつきました。
なので今日は雨の中傘もさせずに全身ずぶ濡れになってしまいました。

捨てるのは良かったですがすぐに代わりのビニール傘を勝っておけば良かったです。

後回しはいけませんね。