雨漏り対策 施工実績一覧

ヤブ原産業が手がけた雨漏り対策の事例をご紹介します。

宮城県岩沼市
倉庫雨漏り修繕

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・折板屋根雨漏り修繕
  • ・倉庫柱腐食部修繕

工事のポイント

折板屋根雨漏りの主な原因はビスのゆるみやサビです。
雨は離れた場所から流れてくるケースことも考えられるため雨漏り箇所を中心に大きく防水処置を行いましょう。

宮城県仙台市太白区
アパートベランダ雨漏り修繕

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・ベランダ雨漏り修繕

工事のポイント

ベランダの雨漏りは注意が必要です。それは雨漏りに気が付いた時には下地の木まで腐食が進んでしまっている場合があるからです。下地の木まで交換する場合、費用は高額になります。また放置すれば落下の危険もあります。定期的な点検調査と怪しい痕跡を見つけた場合は早めの処置を行いましょう。

仙台市太白区
RC駐輪場雨漏り劣化工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・コンクリート劣化修繕

工事のポイント

長年の雨や雑草でコンクリートがかなりもろく劣化していたので、もろい部分を完全に除去する必要がありました。さらに下地コンクリートを強化した後、樹脂入りモルタルで水はけが良くなるように成形しました。保護塗装とアルミ水切りを取り付けすることで駐輪場としても使いやすくなりました。

仙台市青葉区
テナントビル雨漏り、タイルひび割れ工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・ベランダ床防水
  • ・外壁タイル、ひび割れ、浮き修理
  • ・外壁シーリングやり替え

工事のポイント

タイル浮き、ひび割れがしっかり行われていないとタイル落下の危険性が高いため、作業後には樹脂がしっかり注入されたか打診確認を行いましょう。
雨漏りは防水だけが原因でない場合があります。雨漏りの原因と思われる場所を一つずつ修理していくようにしましょう。

仙台市泉区
アパート雨漏り、階段防水、雪止め工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・ガラスブロックまわり目地シーリングやり替え
  • ・外部階段、床塩ビシート張り防水
  • ・屋根雪止め取り付け

工事のポイント

ガラスブロックはシーリング打ち替えだけでは雨漏りが止まったのか確認できませんので
工事後に散水テストを行い雨漏りが止まったことを確認しましょう。

仙台市太白区
鉄骨アパート地震被害他工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・外壁ALCひび割れ、欠損修理
  • ・鉄骨階段サビ、腐食修理
  • ・屋上防水やぶれ修理

工事のポイント

ALC欠損部は専用モルタルで成形の上色合わせし塗装しました。
鉄骨階段はサビ、腐食が多かったので塗装の上階段用塩ビシートで張り替えしました。
屋上防水は全面やり替えのタイミングが早いため部分的な修理としました。
オーナーには必要最小限の工事を提案し費用を抑えることができました。

仙台市太白区
鉄骨アパート屋根雨漏り工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・屋根トップライトまわりシーリング

工事のポイント

屋根トップライトまわりのシーリングが劣化していました。
普段上がることのできない屋根のため厚めにシーリングしました。

宮城県東松島市
住宅雨漏り天井カビ修繕工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・雨漏り
    ・カビ天井張り替え

工事のポイント

天井からの雨漏りを長年放置していたためカビ、内部の木材が腐食していました。
防水を行った後天井の張替えを行いました。

仙台市宮城野区
マンション雨漏り天井カビ修繕工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・雨漏り
    ・カビ天井張り替え

工事のポイント

天井のひび割れから雨漏りしていました。
常に湿気があるため天井のカビ、天井木材の腐食が発生していました。
防水を行った後、天井の張替えを行いました。

仙台市泉区上谷刈
木造アパート雨漏り修繕工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・足場組み立て
  • ・シーリング打ち替え
  • ・外壁塗装(部分)

工事のポイント

大雨が降ると1階室内の天井から雨漏りが発生。

外壁面のシーリングがひび割れ、一部ハガレが発生していた。

シーリングの打ち替えも部分的では雨漏りが止まらない可能性がたかいため雨漏り面全面の外壁シーリングやり替えを行った。

シーリング打ち替え後に高圧水の水掛けテストを行って雨漏りが止まったことを確認。

シーリング打ち替え部分に外壁とピッタリの色合わせを行い違和感ない塗装を行った。

お客様の声

セントハウス 佐藤様
丁寧に何度か下見をして頂き、良かったです。
天候に左右されましたが、無事にきれいに仕上げて頂きました。
ありがとうございました。

仙台市青葉区花京院
テナントビル雨漏り修繕工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • ・屋上防水補修(部分ウレタン塗膜防水)

工事のポイント

普段の雨では雨漏りせず大雨や風が強い時に雨漏りするとの事。

屋上防水の側溝やドレンにゴミが詰まり流れが悪くなっていました。

大雨が降った際に水かさが増すことによって雨漏りが引き起こされていると考えられます。

側溝及び立上りの部分までウレタン塗膜防水を塗りました。

仙台市宮城野区 Wマンション
雨漏り修繕工事

工事の内容とポイントをご紹介

工事内容

  • 設備

    ・マンション駐車場床防水修繕

  • 内部

    ・内装天井復旧

工事前の状況

駐車場1階の室内天井から雨漏り。大雨の際、時間差で雨漏りしてきた。

1階はテナントさんが入居しているため早急な対応が必要でした。

天井裏を調査すると天井に雨漏りの痕跡がハッキリと見られました。

屋上はマンション駐車場でアスファルト防水の端部が切れ防水の下に水が浸透していました。

防水下に浸透した雨水が床のコンクリートひび割れ部に染みこみ天井裏へ漏れたと推察できます。

工事のポイント

アスファルト防水の端部だけ修理してもすぐに雨漏りしてしまうことが考えられます。

そのため今のアスファルト防水をキレイに撤去しウレタン塗膜防水を塗布しました。

コンクリート面に水分が含んでいるとふくれの原因になるため通気シートを敷き、立上り部分には補強用のメッシュシートを入れました。

ウレタン塗膜防水はただ塗るだけでなく細かい部分への配慮が必要です。

今回も水はけ良くキレイに仕上がり雨漏りもすっかり止まりました。

仙台市マンション工事 
雨漏り修理

今回ご紹介するのは、仙台市にあるマンションの浴室天井で起こっていた雨漏りの修理です。激しい雨が降るたびに発生する雨漏りにオーナー様もお困りとのことで、修理をさせていただくことになりました。

修理前の状況について

まずは修理前の状況確認です。ヒアリングによると、台風のような風がともなう雨が降ると雨漏りが発生するとのことでした。室内から目視による調査を実施したところ、天井面には漏水の痕跡が確認できました。

この部屋は外壁に面した場所にあたることからも、外壁面に起因する雨漏りと推察できます。そして外部に足場を設置して外壁の調査を実施すると、多くのひび割れが発見できました。以上の調査内容をもとに、適切な方法を検討し実際に修理を行っていきます。

雨漏り修理の内容について

  • 外壁ひび割れ補修

    ます外壁のひび割れしている部分にエポキシ樹脂を注入して修理を行いました。エポキシ樹脂の注入工法は、躯体を一体化させるとともに防水性や耐久性を高めるうえで効果的な方法です。コンクリートは本来アルカリ性ですが、経年とともに空気中の炭酸ガスと反応して表面から徐々に中性へと傾く「中性化」が進みます。「中性化」は、ひび割れを起こす原因のひとつです。

  • シーリング材充填

    コンクリートの躯体面には、計画的な打ち継ぎ目地をつくりシーリングを充填して納めますが、このシーリング材も経年とともに必ず劣化します。シーリングの劣化は雨漏りの原因にもなるため、定期的に充填しなおすことが必要です。今回も、既存のシーリングを撤去し新しく充填しなおしました。

  • 防水形塗装

    エポキシ樹脂が硬化したことが確認できたら、適切な下地処理をして塗装で仕上げます。今回採用したのは防水形塗装です。防水形塗装は、柔らかい塗膜を形成できることが特徴で、下地に動きがあっても追従してひび割れしにくいため、効果的に雨水の侵入を防ぎます。写真は下塗りの施工中です。

  • 外壁塗装

    外壁塗装は3回塗りが基本になります。下地としっかりと密着し、かつ十分な厚みを確保することで塗膜の耐久性を高めます。

  • 外壁面の確認

    外壁面に設置しているお風呂の吸排気ダクトの周囲には隙間があり、雨が浸透している可能性が高いことが確認できました。

  • 隙間のパテ埋め

    吸排気ダクトの周囲の隙間を耐火パテで埋めて、雨水の侵入を完全に防ぎます。

  • 複数の雨漏り対策

    さらに吸排気ダクトの周囲にステンレス製の水切り金物を設置するなど、複数の対策を組み合わせることでリスクの低減をより強化しました。内部からダクトを脱着できるよう工夫している点もポイントです。以上で雨漏りの原因とみられる部分の修理がひと通り完了しました。

  • 修理後の散水テスト

    修理箇所に散水テストを行い、雨漏りが起こらないことを確認します。
    この修理後の散水テストが重要なポイントで、適切な処置が行われていることをしっかりとチェックします。

  • 散水テストの結果、雨漏りの症状が起こらなかったことを確認しています。
    台風と同じような条件でテストを実施したため、これで雨漏りが止まったと判断できます。

雨漏り修理のポイントについて

最後に雨漏り修理のポイントについてご紹介いたします。まず事前調査で、建物の内側と外側でしっかりと原因を調べることが重要です。また雨漏りの修理は原則として外側から行います。というのも内側から修理しても根本的な解決に至らず、完全に止められない場合があるためです。

そして修理後は散水テストを実施し、雨漏りが止まっていることを必ず確認しなくてはいけません。事前調査で原因を推察することに始まり、修理から完了後の確認まで、確実に雨漏りが止まったことが確認できるまで、根気強く繰り返し行うことが重要なポイントです。

仙台市住宅の雨漏り 
雨漏り修理

今回ご紹介するのは仙台市の住宅で起こっていた雨漏りの修理です。大雨が降るたびに発生する雨漏りにオーナー様もお悩みとのことで、このたび修理の依頼をいただくことになりました。

修理前の状況について

まずは修理前の状況確認です。ヒアリングによると、大雨が降ると雨漏りが発生するとのことでした。そのため、オーナー様がブルーシートを覆って応急処置としています。

雨漏りの修理で確認しておきたい内容といえば、どのような日にどの程度の症状で雨漏りが起こるのかということです。

防水補修の流れ

雨漏り修理の大きな流れは以下の通りです。
・事前調査
・修理
・修理後の確認

目視調査や散水調査などを行い、雨漏りが起こっている可能性のある部位と原因の特定を図ります。そして、調査をもとに適切な方法を検討し実際に修理を行います。修理がひと通り完了し、修理箇所に散水するなど雨漏りが確実に止まっていることを確認できたら終了です。

雨漏り修理の内容について

雨漏り修理の大きな流れは以下の通りです。事前調査で屋根と外壁の取り合いに漏水の痕跡が見られたため、耐久性、密着性の高いシリコンシーリングを充填しました。

このような部材どうしの取り合い部分の納まりは、シーリングを充填して防水処理をすることが多くなります。しかし経年劣化や地震などで破断すると、水が侵入して雨漏りしやすい部位でもあります。

宮城県仙台市太白区 
テナント事務所屋根塗装工事

建物名
T会社事務所
住所
宮城県仙台市太白区
構造
鉄骨造平屋
部屋タイプ・戸数
事務所用1部屋
工事概要
  • 屋根塗装(スレート瓦)

スレート瓦屋根は土ぼこり、コケなど汚れが多く付着しています。
そのため洗浄時にはブラシを使って丁寧に洗浄しました。
洗浄後は塗装がいらないのではと思えるほどキレイになりました。
表面浸透強化用の下塗りをたっぷりと塗り、耐久性の高いシリコン塗料を2回塗りしました。
道路の向かい側から建物を眺めるとピカピカになった屋根がまるで新築のようにも見えました。

宮城県仙台市若林区 
事務所用建物屋上防水工事

建物名
東北ライフサービス事務所
住所
宮城県仙台市若林区
構造
RC造2階建
部屋タイプ・戸数
事務所用2部屋
工事概要
  • 屋上ウレタン防水工事
  • 2階内装補修工事

漏水の相談からお電話いただきました。
屋上に上ってみると側溝の防水シートの中に水が溜まりタプタプの状態でした。
側溝の防水層がやぶれ、雨水が浸透しているのが一目瞭然でした。
この防水工事で重視したのは劣化した側溝部分の完全撤去です。
完全撤去した側溝をモルタルで平滑に埋め戻すことで劣化の原因となる段差を解消させます。
後はしっかりと厚みを付けたウレタン防水で屋根に一体感のある防水層を作り上げました。
部屋への漏水も完全に無くなり雨でも安心していただいています。

お問い合わせ

ご相談、お見積のご依頼は
お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お見積り:0120660744

【営業時間】9:00~17:30
【定休日】土・日・祝日

お問い合わせ LINE相談

ページの先頭へ

  • ヤブ原産業株式会社 仙台支店
  • 〒982-0031 宮城県仙台市太白区泉崎2-21-14
  • TEL:0120-660-7440120-660-744